DIコンテナごとの取扱い

DIコンテナごとの機能・挙動の違いの情報について

DIコンテナとの連携

DBFluteは、DIコンテナと連携して利用されることを前提 としています。

アプリでDIコンテナを利用しない場合

もし、アプリケーションにてDIコンテナを利用しない場合でも、DBFlute内部での管理用としてDIコンテナが必要 となるため、その時は、依存ライブラリが少なく設定ファイルが存在しない Google Guice がお奨めです。アプリケーションからは、Guice経由でDBFluteを利用(Behaviorを取得)するようにして下さい(アプリ側で統一的なユーティリティクラスを作ると良いでしょう)。

取り扱っているDIコンテナ

実際に利用するDIコンテナのページは必ずご覧下さい。

DIの方法 (Behavior)

DIの方法は、DIコンテナによっては変わりますので、必ず確認をしておいて下さい。

Exampleのススメ

DIコンテナごとのExample実装があります。

Exampleプロジェクト - DIコンテナ