T2 Lucyの取扱い

基本情報

対応バージョン
(T2) Lucy 0.5.x 以上

DI設定ファイル (dbfluteBeans.xml)

DBFluteは、Generateタスクにて DBFluteのコンポーネントが登録されている dbfluteBeans.xml を自動生成します。主には、Behavior と allcommon のクラスが登録されています。

この dbfluteBeans.xml が アプリケーションのDI設定ファイルから参照されるように設定 することで、アプリケーションのコンポーネントからDBFluteのコンポーネント(主にBehavior)が利用できるようになります。

e.g. LucyTestCase にて dbfluteBeans.xml を Lucy に設定 @app.dicon
Lucy lucy = getLucy();
lucy.load("dbfluteBeans.xml");

データソースのコンポーネント名が dataSource でない場合

こちら、Spring Frameworkの場合と全く同じ話となります。

dbfluteBeans.xml の名前を変更したい場合

こちら、Spring Frameworkの場合と全く同じ話となります。

DIの方法 (Behavior)

DI管理されているコンポーネントクラスにおいて、Behavior のプロパティを定義し、@Inject アノテーションを付与するとインジェクトされます。他にも方法はありますのでアプリケーションで統一的な実装をするようにして下さい。

e.g. Inject アノテーションの利用 {Pageクラス} @Java
public class XxxPage {
    protected MemberBhv memberBhv;

    @Inject
    public void setMemberBhv(MemberBhv memberBhv) {
        this.memberBhv = memberBhv;
    }
}

Exampleのススメ

T2 Lucy を使ったExample実装 dbflute-lucy-example があります。

DBFlute Example - DIコンテナ