dependencyInjectionMap

dependencyInjectionMapとは?

DIコンテナに関する設定を行うDBFluteプロパティ。DBFluteクライアントの dfprop 配下の dependencyInjectionMap.dfprop という名前のテキストファイルです。主に Generateタスク から参照されます。

プロパティ

map型プロパティ で、様々な key-value 形式のプロパティを定義します。

必須のプロパティはありません。

それぞれのDIコンテナごとにプロパティが用意されています。

Spring Frameworkのプロパティ

dbfluteBeansFileName

dbfluteBeans.xml のファイル名を指定します。Spring Framework 利用時のプロパティです。

値候補
dbfluteBeans.xmlの代わりになるファイル名
デフォルト
dbfluteBeans.xml

複数DB対応時などは、少なくともどちらか片方のDBにおいては、このプロパティを利用する必要があります。(dbfluteBeans.xmlは "一つのDBに付き一つのファイル" となるため)

dbfluteBeansDataSourceName

dbfluteBeans.xml で定義される DataSource のコンポーネント名を指定します。Spring Framework 利用時のプロパティです。

値候補
ユニークなコンポーネント名
デフォルト
dataSource

複数DB対応時などは、少なくともどちらか片方のDBにおいては、このプロパティを利用する必要があります。 (DIコンテナで管理されるDataSourceをユニークにするために)

Seasar(S2Container)のプロパティ

dbfluteDiconNamespace

dbflute.dicon の namespace を指定します。Seasar(S2Container) 利用時のプロパティです。

値候補
dbflute.dicon で利用する namespace
デフォルト
dbflute
e.g. デフォルトの dbflute.dicon の namespace @dbflute.dicon
<components namespace="dbflute">
    ...
</components>
e.g. dbflute.dicon に独自の namespace に設定 @dependencyInjectionMap.dfprop
; dbfluteDiconNamespace = dbflute_foodb

dbfluteDiconFileName

dbflute.dicon のファイル名を指定します。Seasar(S2Container) 利用時のプロパティです。

値候補
dbflute.diconの代わりになるファイル名
デフォルト
dbflute.dicon

複数DB対応時などは、少なくともどちらか片方のDBにおいては、このプロパティを利用する必要があります。(dbflute.diconは "一つのDBに付き一つのファイル" となるため)

e.g. dbflute.dicon を独自のファイル名に変更 {foodb用} @dependencyInjectionMap.dfprop
; dbfluteDiconFileName = dbflute-foodb.dicon

j2eeDiconResourceName

dbflute.diconでインクルードする j2ee.dicon のファイル名を指定します。Seasar(S2Container) 利用時のプロパティです。

値候補
j2ee.diconの代わりになるファイル名
デフォルト
j2ee.dicon
e.g. デフォルトの dbflute.dicon の j2ee.dicon のインクルード @dbflute.dicon
<components namespace="dbflute">
    <include path="j2ee.dicon"/>
    ...
</components>

複数DB対応時などは、少なくともどちらか片方のDBにおいては、このプロパティを利用する必要があります。(dbflute.diconは "一つのDBに付き一つのファイル" となるため)

e.g. インクルードする j2ee.dicon のファイル名を変更 {foodb用} @dependencyInjectionMap.dfprop
; j2eeDiconResourceName = j2ee-foodb.dicon

Lasta Diのプロパティ

dbfluteDiXmlNamespace

dbflute.xml の namespace を指定します。Lasta Di 利用時のプロパティです。

Lasta Di
値候補
dbflute.xml で利用する namespace
デフォルト
dbflute
e.g. デフォルトの dbflute.xml の namespace @dbflute.dicon
<components namespace="dbflute">
    ...
</components>
e.g. dbflute.xml に独自の namespace に設定 @dependencyInjectionMap.dfprop
; dbfluteDiXmlNamespace = dbflute_seadb

dbfluteDiXmlPackageName

dbflute.xml の出力先を指定します。Lasta Di 利用時のプロパティです。

Lasta Di
値候補
自動生成ディレクトリ (e.g. src/main/java) からの相対パス
デフォルト
../resources (つまり、src/main/resources となる)

dbfluteDiXmlFileName

dbflute.xml のファイル名を指定します。Lasta Di 利用時のプロパティです。

Lasta Di
値候補
dbflute.xmlの代わりになるファイル名
デフォルト
dbflute.xml

複数DB対応時などは、少なくともどちらか片方のDBにおいては、このプロパティを利用する必要があります。(dbflute.xmlは "一つのDBに付き一つのファイル" となるため)

e.g. dbflute.xml を独自のファイル名に変更 {seadb用} @dependencyInjectionMap.dfprop
; dbfluteDiXmlFileName = dbflute-seadb.dicon

rdbDiXmlResourceName

dbflute.xmlでインクルードする rdb.xml のファイル名を指定します。Lasta Di 利用時のプロパティです。

Lasta Di
値候補
rdb.xmlの代わりになるファイル名
デフォルト
rdb.xml
e.g. デフォルトの dbflute.xml の rdb.xml のインクルード @dbflute.xml
<components namespace="dbflute">
    <include condition="#exists('#path')" path="my_included_dbflute.xml"/>
    <include path="rdb.xml"/>
    ...
</components>

複数DB対応時などは、少なくともどちらか片方のDBにおいては、このプロパティを利用する必要があります。(dbflute.xmlは "一つのDBに付き一つのファイル" となるため)

e.g. インクルードする rdb.xml のファイル名を変更 {seadb用} @dependencyInjectionMap.dfprop
; rdbDiXmlResourceName = rdb-seadb.dicon

Google Guiceは?

Google Guiceは、DIのための設定ファイルが存在しないため、DBFluteプロパティで調整することもありません。 拡張は、プログラム上でオーバーライド方式で実現することができます。 DBFluteは、DBFluteのコンポーネントを登録するためのGuice専用モジュールを自動生成します。