EMechaのインストール

Eclipseプラグインである EMecha のインストールに関してのページです。

インストール手順 ※Java8 (Eclipse-4.4)

Java8のDBFlute利用している方、Eclipse-4.4 以降を利用されている方はこちら。

1. 古い EMecha と ResourceSynchronizer を削除

すでに Java6,7 用の EMecha が Eclipse にインストールされている場合は、そちらを削除します。 念のため、eclipseをまるごとバックアップしておくとよいでしょう。

Help - Install New Software... の What is already installed? から、EMecha と ResourceSynchronizer を Uninstall します。

ResourceSynchronizerも削除するのは、新しい EMecha に同等の機能 (EMSynchronizer) が搭載されているため不要になるからです。(ResourceSynchronizerを参考にさせて頂いています。素晴らしい機能が公開されていることに感謝、ありがとうございます)

2. EMecha をダウンロード

そして、EMechaのリリースページから、最新版の DBFlute-EMecha.zip をダウンロードします。

3. EMecha をdropinsに配置

そして、Eclipse の dropins ディレクトリに解凍します。

e.g. Seasarを使っている場合の UTFlute の dependency 設定 @Directory
eclipse // Eclipse本体のディレクトリ
 |-configuration
 |-dropins
 |  |-DBFlute-EMecha // ☆ここに解凍
 |  |   |-eclipse
 |  |      |-features
 |  |      |  |-org.dbflute.emecha.feature_0.6.1...jar
 |  |      |-plugins
 |  |         |-org.dbflute.emecha_0.6.1...jar
 |  |         |-org.dbflute.emecha...._0.6.1...jar
 |  |         |-...
 |  |
 |  |-...
 |-features
 |-plugins
 |-Eclipse.app
 |-...

したら、Eclipseを再起動し、Eclipse の preferences (workspaceの設定) で、EMechaという項目があればOKです。

その後...

新しい EMecha では、DBFluteのセットアップやアップグレードの機能がなくなっています。 DBFluteのダウンロードやセットアップは Maven や DBFlute Intro が主流となり、アップグレードはDBFlute自体がその機能を持つようになったからです。

新しい EMecha は、実装や設定など DBFlute を利用するときの支援に特化し、今までのバージョンにはない高度な機能を追求していきます。

EMechaの更新サイト

更新サイトもあります。(更新サイトの登録では、"EMecha" と名付けると良いでしょう)

更新サイトのURL
https://dbflute-emecha.github.io/eclipse-updates

インストール手順 ※Java6 (Eclipse-3.7)

Java6のDBFlute利用している方、Eclipse-3.7 を利用されている方はこちら。

更新サイトの登録

更新サイトに以下サイトを登録(名前は "Seasar Eclipse 3.3" など)します。

更新サイトのURL
http://eclipse.seasar.org/updates/3.3

インストール

登録したサイトからEMechaを選択してインストールします。 グループ化を解除せずに(デフォルト設定のまま)インストールすることを推奨します。

その後...

DBFluteクライアントの新規作成
DBFluteの初回環境構築
DBFluteのアップグレード
DBFluteを最新バージョンにアップグレード