MS Accessの取扱い

基本情報

対応バージョン
MS Access 2000 以上
JDBCドライバの同梱
なし
(推奨)JDBCドライバ
SUN JDK内のもの (Exampleで利用)

DBFluteの MS Access 対応は、(正式サポートではない)準サポートです。

データベース接続設定

データベース接続設定(databaseInfoMap.dfprop)について。

接続設定の仕様 @databaseInfoMap.dfprop
map:{
    ; driver   = sun.jdbc.odbc.JdbcOdbcDriver
    ; url      = jdbc:odbc:[dbname]
    ; schema   = 
    ; user     = 
    ; password = 
}
  • catalog はそもそも対応する概念がないため設定不要
  • schema はそもそも対応する概念がないため設定不要
  • [xxx]の[]は単なる表現上(ドキュメント上)の囲み

以下、実際のExampleプロジェクトでの設定例です。

e.g. dbflute-msaccess-exampleの場合 {dbname=exampledb} @databaseInfoMap.dfprop
map:{
    ; driver   = sun.jdbc.odbc.JdbcOdbcDriver
    ; url      = jdbc:odbc:exampledb
    ; schema   = 
    ; user     = 
    ; password = 
}

データ型マッピング

TODO jflute now writing

主キーでの自動採番

TODO jflute now writing

ページング検索の条件

TODO jflute now writing

更新ロックの取得

ConditionBeanでは、MS-Accessにおける更新ロックの取得はサポートされていません。

プロシージャ

*未検証

データベース依存機能

データベース依存機能を有効にした場合の利用可能な機能について。

MS Accessに関しては特になし

DBMS独自の注意点

NullsFirst/Last

nulls first/last 構文をサポートしていないため、case when 構文を使って NullsFirst/Last を実現しています。union 句での case when 構文がサポートされないため、UnionQuery と NullsFirst/Last を合わせてることはできません。 (また、パフォーマンス上の懸念が多少あるので、大量データのときには注意して下さい)

ConditionBeanがほぼ全滅

left outer joinの構文が特殊で、ConditionBean の機能の多くが利用できません。外だしSQLを中心に利用することをお奨めします。

Exampleのススメ

MS Access を使ったExample実装 dbflute-msaccess-example があります。

DBFlute Example - データベース

DBFlute内部での取扱い

DBFlute内部でどのようにMS Accessと付き合っているか、特殊なパターンを挙げます。 将来的に同じ状況・同じ方法かどうかは保証されませんので、ここに書かれることに依存した利用はしないようにして下さい。 (DBFluteを深く理解するためのドキュメントと思って下さい)

TODO jflute now writing

MS Access補足資料

TODO jflute now writing